上質なものを少しだけ

おうちのこと 暮らしのこと 旅のこと

フランス国内移動はどちらが便利? 飛行機 vs TGV ②

f:id:petitemaki:20170602230419j:plain

前回に引き続きフランス国内移動の話。前半に地方を周って、後半パリに戻ってくる旅が私のパターン。行きは日本から出発した当日中に飛行機で地方まで行くのがオススメですが、地方からパリに戻る時はTGVを利用することが多いです。飛行機だとTGVよりかなり前もって空港に行かないといけないので、なんとなくそわそわしてしまい、気持ちが焦ってしまうのです。それにTGVの座席は欧米人サイズなのかゆったりしていてかなり快適です。車窓の景色も楽しめますね。

今回は初日にマルセイユ空港に到着後、数日かけてレンタカーでプロヴァンス地方をまわり、6日目の昼にアヴィニヨンTGV駅からパリに戻るという旅程を計画しました。最近はパリでの宿泊を2日にしています。パリでは観光することはほぼなく、ほとんどの時間をおみやげの調達、散策、自分への買い物に充てています。もちろんパリは大好きなので、いくらでもお休みがとれるのであれば何日だっていられます(笑)。が、悲しいかな、サラリーマンには楽しめる時間に限りがあるのですね。7泊9日の旅程だとすると、地方をより長く楽しみたいので地方泊5日、パリ泊2日が今のところ私にとってのベストです。復路の飛行機も夜の22時頃ですし、たっぷり2日と少しパリを堪能できます。復路便が夜便ではなく午後便だった時はパリ泊を3日にスケジューリングしていました。

路線にもよりますが、アヴィニヨンからパリへの路線は1等車と2等車があります。2等車でも十分広いのですが、なんとなくザワザワしている感じ?1等車はみんな思い思いに自分の時間を過ごしている印象があります(要は騒がしくなかったです)。新幹線の場合、短時間の間に係員さんが座席を進行方向にスピーディーに回転してくれていますが、TGVにはそのようなサービスはありません(笑)。座席の向きは固定です。進行方向向きのものもあれば、逆向きのものも。私はどうしても進行方向の座席ではなくてはイヤなのですが、座席表を見てもどれが進行方向向きなのかさっぱりわかりません。おひとりさま旅行ですとこのワザは使えないのですが、2人の旅行の場合、確実に一人は進行方向の座席をゲットするワザがあります。それは、向かい合わせの座席をゲットすること!

f:id:petitemaki:20170602234452p:plain

これだったらどちらに進もうが一人は100%進行方向の座席に座れます。ちなみに真ん中にはテーブルとテーブルランプがありかなり使い勝手がよかったです。MAPを見てもらうとおわかりのようにこの座席は一両に3つしかないのでスケジュールを立てたら早めに予約することをおすすめします。TGVのHPから購入の場合、フランス語表示cote a cote、英語表示face to face がこの座席となります。ちなみに72番の座席の後の網掛け部分はスーツケース置き場になっています。限られたスペースですが、皆さん助け合いながらうまく設置していますね。

f:id:petitemaki:20170602235457j:plain

軽食が売っているBAR車両もありますよ。飲み物や簡単なサンドイッチ、スナック類が売っていました。駅で慌てて飛び乗った後に車中でのご飯を買い忘れてしまった時も安心です。

 

f:id:petitemaki:20170602235835j:plain

ランキングに参加しています。多くの方に読んでいただけるようになると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村