上質なものを少しだけ

おうちのこと 暮らしのこと 旅のこと

旅の印象を左右するホテルの選び方【パリ編】

f:id:petitemaki:20170927222607j:plain

フランス旅行から帰ってから2カ月近く経ちましたが、おうちの記事の合間に少しずつフランス旅行の記録を綴っていきたいと思っています。

 

旅の印象を左右するホテル選び、今回はパリのホテルを選ぶ際の私なりの考えをまとめてみました。

パリにはたくさんのホテルがあり、選ぶ楽しみはありながらも、自分の好みのものを選ぶのも時間がかかります。我が家の場合のポイントは下記のとおり。

・散策が楽しい左岸

・お買いものしても荷物を置いて帰ることができる場所

・主人がプチホテル苦手なので、客室数があまりに少ないホテルは選ばない

・おいしいパン屋さんやデリカテッセンが徒歩圏内にある

 

いつかヴァンドーム広場近辺のパラスホテルのどれかに泊まってみたいな~という願望はあるものの、やっぱり気負わずリラックスできるホテルが一番。ここ数年ずっと宿泊いるのが、サンジェルマン・デ・プレにあるHotel Bel ami(ホテルベラミ)です。ここは上記の条件が全て揃っていて、雰囲気も重厚過ぎず、モダンすぎず、エントランス入った瞬間とてもいい香りに包まれた、お気に入りのホテルです。条件を一つ一つ詳しく検証していきます。

 

・お好みは右岸?それとも左岸?

f:id:petitemaki:20170928070715j:plain

旅の目的やお洋服などの好みではっきり分かれるところですが、私の個人的な印象は

右岸向き→ブランドショッピングが好き、美術館や観劇等の観光がメイン、豪華なディナー、伝統的、重厚、

左岸向き→街を散策してふらっ気に入ったお店に入るのが好き、美味しいブーランジュリーやパティスリーを巡る、カジュアル、プチホテル

ざっとこんな印象です。今までずっと左岸に宿泊していたけれど、右岸のホテルに泊まったら右岸の方が落ち着けた、という知人がいました。確かに彼女の印象は「エレガント」。普段身に着ける服装や、おうちのインテリアなんかも流行りのスタイルというよりもトラディショナルなスタイルで、意識しなくても上品な雰囲気がどことなく漂っています。観光はしないのでずっと左岸に泊まっていたようですが、彼女の場合、ヴァンドーム広場の雰囲気やサントノレ通りの散策の方がずっと楽しかったようです。

対して私の場合。エレガントとは程遠いカジュアルな雰囲気(´∀`;)。星つきレストランでのディナーやブランドショッピングにはあまり興味がなく、散策した時に素敵なインテリアのお店に出会えればそれだけで十分楽しいです。かしこまった雰囲気のレストランよりも、ガヤガヤしたビストロでのお食事の方が何かと気楽。(そもそもフレンチのコースとか食べきれないーー!)行きたいお店やレストランが集まっている側に、インテリアの雰囲気と予算の条件があうホテルがあればベストですね。

 

・立地と周辺の雰囲気

f:id:petitemaki:20170928070900j:plain

私の場合は雰囲気よりもやはり立地を優先します。パリでは気軽に入れるトイレがなかなかないのが現状。カフェに入ればとりあえずトイレに立ち寄るようにしています。でも不特定多数の人が利用するので必ずしもキレイなところばかりというわけではありません。そんな時ホテルまでそう遠くなければ、トイレに立ち寄るついでにちょっと一息するためホテルに戻ります。お買いものした後も重たい荷物を持っていると颯爽と歩けないし、スリに狙われやすいかもしれません。そんな時ホテルが近くにあれば、いちいちホテルに戻ろうという気になるのです。その点、ホテルベラミはサンジェルマンデプレ駅から徒歩3分くらい。大通りから1本入った通りにあるので、都会のど真ん中とは思えないほど部屋に入ると静かです。かといって不安になるほど静かということもなく、通り沿いにはビストロやいつも行列の絶えないレストランやカフェが並んでいて、夜遅くに帰ってきても治安の心配はありません。おまけに最近ものすごく重宝しているのがベリブ。パリ市内のいたるところに設置されたレンタサイクルです。クレジットカードさえ持っていれば使い方も簡単で、今回の旅行ではほとんどメトロやバスを使わずにベリブでパリ市内を移動していました。本当に便利なのでまだ未体験の方はぜひ今度使ってみていただきたいです!

サンジェルマンはパリでも人気の地区ですが、場所によってだいぶ雰囲気も利便性も違う気がします。私は左岸の中でも、ベリブやバスですぐに右岸に行ける距離が安心なので、サンジェルマン大通りより北側に位置したホテルがベストです。

 

・客室数が少なすぎるのも困りもの?

f:id:petitemaki:20170928071238j:plain

私はあまり気にしないのですが、主人はプチホテルが苦手です。ホテルなのに人の気配がしなかったり、朝食の時間に誰もいないのが寂しいと感じるようです。プチホテルは個人がオーナーなことが多いのか、インテリアもそのオーナーの趣味が色濃く反映されているので、そのインテリアが好きであれば雰囲気を楽しめますが、総じて部屋は狭いことが多いので、息苦しく感じるのかも。パリに旅行しだして間もない頃、Figaroで特集されていたプチホテルに行ったことがあります。写真では素敵に思えたのですが、実際は部屋がとても狭く、狭いのにインテリアは古き良き時代のパリ風・・というか、とにかく重厚な感じだったのです。きっと主人はその時植えつけられたプチホテルの印象があるのでしょう(苦笑)。さすがの私もその時は息苦しく感じましたので、それからはどんなにHPの写真が素敵に見えても、そんなに広いお部屋でなければ、パリシックといった感じの、すっきりシンプルなインテリアの部屋を予約するようにしています。

 

・ホテルのお部屋でデリを食す幸せ

f:id:petitemaki:20170928071706j:plain

最初にお断りしておきますが、私はそこまで食にこだわる方ではありません。もっというとフランス料理が苦手です・・。なので、スーツケースには毎回味噌汁とカップラーメンとマジックライスをどっさり仕込んでいきます。これを言うと友人は「せっかくのフランスなのにもったいない!」とびっくりしますが、私にとっては石のように重くなった胃と毎日付き合う方がよっぽどつらいのです。一日歩き回って疲れている時、外に食べに行くのも面倒なこともありますよね。ホテルベラミの近くに美味しいデリのお店を発見しました。イタリアンのデリなので、日本人の口にもあいやすく、前回の旅行では2日連続でここのデリでお惣菜を購入し、ホテルでのんびり夜を過ごしました。ディナーを終えた後は、近くのカフェへ軽く一杯飲みに行く・・夜遅くまであいているカフェやビストロが近くにあれば、夜ちょっと出るにも気負わずに行けるのです。

 

上記の理由からここ数年、パリに旅行するときはHOTEL BEL AMIに宿泊しています。便利なので、なかなか他のホテルを探してみようという気が起きないのが難点です(笑)。

 

ランキングに参加しています。多くの方に読んでいただけるようになると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村