上質なものを少しだけ

おうちのこと 暮らしのこと 旅のこと

はじめてのほぼ日手帳

f:id:petitemaki:20171115071254j:plain

今まで気に入って4年ほど使っていたSmythsonのMEMORANDA手帳。UKのホームページで購入すると、英国からスマイソンブルーのboxに入って、自分で購入したにも関わらず、まるでプレゼントのように届くのが嬉しくてリピートしていました。佇まいが本当に素敵なので持っているのも、カフェなんかでさっと取り出して書くのにも、手に取るたびにうっとりしていましたが、どうしても気になる点が一つ。

それはマンスリーページがないということ。マンスリーページはぱっと見て、今月はこんなスケジュールなんだな、と眺めるのに私にとっては一番重要なページなのに、それがないなんて…。やはりどうしてもマンスリーページが欲しくて、適当なものをPCで見つけて縮小コピーし折り畳んで手帳に挟んでいました。せっかく素敵なスマイソンの手帳も台無しです(苦笑)。しかも小さくて読みにくいことこの上ない!

そのうえ今までUKのホームページから購入していたので、送料を見込んでも国内販売価格よりもかなりお手頃に(それでも十分贅沢なお値段でしたが)購入できていたのに、今年からはどんなに頑張っても日本語HPに飛んでしまい、お買い得感もなくなってしまったのも、スマイソンの手帳にこだわる必要はないかなと思った理由の一つです。

そんな矢先に出会ったのがほぼ日手帳 weeks。中身を見てみると必要なものは全て揃っていて、毎週心がぽっと温かくなるようなお言葉も。持ち歩きに重要な重量も大きさの割にはとても軽く、ある程度の大きさがあるのでストレスなく記入できそう。今までバーチカルタイプや1日1ページタイプなどいろいろ使ったことがありますが、昔ながらの週間レフトタイプが一番使っていて気持ちがいいです。右側のメモページにはTO DOリストやその時思いついたちょっとしたメモを書いています。表紙はファインクラシックの「ワインレッド」にしました。牛革使用なので手触りもとてもよく、大人っぽくてとても素敵です。

2018年、ほぼ日手帳とともによき1年となりますように。

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村