上質なものを少しだけ

おうちのこと 暮らしのこと 旅のこと

オプション工事 フローリングを無垢材へ

f:id:petitemaki:20161017213602j:plain

先日オプション工事の最終決定をしてきました。まだまだ先の話なのに、ずいぶん早い締切で驚いております。

基本的には後付けできないものを中心に追加工事をお願いしました。工事内容は下記のとおり。

・フローリングを無垢材に変更

・コンセントの追加(LD/寝室/玄関)

・網入ガラスを透明ガラスに変更

・LD建具の変更

・LDダウンライトに変更

・洋室にホスクリーンを設置

・キッチン天板のグレードアップ+奥行延長

 

個々の工事への思い入れ(笑)は後日お伝えさせていただくとして、今日はフローリングのことについて。

フローリングは部屋の印象を決める重要な部分だと思っています。色は人によってそれぞれ好みがありますし、3色くらいの選択肢から選べるのは今や当たり前かと思いますが、こだわりたいのは質感。新築マンションにありがちなシートフローリングは入居当初は新しくてキレイで美しいけれど、月日が経つにつれてくたびれた感じがするのがどうも気になっていました。無垢フローリングは、その質感だけでなく、月日が経ったときのほどよくエイジングした感じがとても好みです。足への触りの良さも抜群。なんともいえない温もりが木から伝わってくる感じ。無垢フローリングにしたことで、元々入っていた床暖房をあきらめることになりましたが、床暖房の必要は全く感じていません。今だって床暖房のない家で困ったと思うことはないですしね。そもそも最新のマンション、しかも狭い部屋で床が冷たくて困ることなんてあるのかな・・・ないと思います。。

面積の大きなオプション工事には壁紙をアクセントウォールにするという選択もありました。コーディネーターさんにもウッドパネルがつけられるんです!とオススメされましたが・・・壁は白一色が好みです。アクセントを加えたい時にはファブリックを変えてみたり、手持ちの家具をペイントしてみたりすれば十分だと思うんです。洋書等でアクセントウォールしているのを見ると素敵だな~と思いますが、家具も全部その雰囲気にあっているから素敵なのであって、普通の家庭で素敵に見せるのって大変だと思います。私の場合、その一辺だけ頑張ってインテリアを整えたとしても、部屋全体を見ると残念な結果になってしまいそう・・・ハードルが高すぎます。。それに無垢のフローリングにウッドパネルなんてつけたら部屋がウッディーになりすぎて、私の目指している「フレンチシック」のイメージから遠ざかってしまうのでは。。ということで、壁は白一色のフツーの壁紙です。本当は塗装調の壁紙にしたかったけど、予算の都合で断念!

新築マンション無垢フローリングが施工できるなんて思ってもいませんでした。手間はかかるかもしれないけれど、狭い部屋です、お掃除だって頑張れるはず!!

 

ランキングに参加してみました。いつの日か多くの方に読んでいただけるようになると嬉しいです。

 


にほんブログ村


にほんブログ村